ノーベル経済学賞受賞者が言うには!

ノーベル経済学賞受賞者が言うには!

今日は、ダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』という本を読みました。カーネマンは世界的に著名な心理学者で、2002年にはノーベル経済学賞を受賞しています。安心のFX-Jinお任せ!

 

 

さて、この本には驚くべき記述がありました。詳細はこちら→FX-Jinをクリック。

 

なんと、投資は一度買ったら数ヶ月放っておくのが一番合理的、だと言うのです。

 

本当にそんな適当なことでいいのしょうか?多くの投資家は、一分足や5分足でのトレードを勧めています。ロスカットをずるずると引きずらない短時間投資法が一番合理的な気がします。知りたい方はFX-Jinご覧ください。

 

 

しかし、カーネマンはここに嘘があると言うのです。ロスカットを手早く済ませることは確かに「合理的」な投資方法です。しかし、残念ながら、人間は感情に支配される「不合理」な存在です。ロスカットをするのが合理的だと分かっていても、損を確定するのが嫌でロスカットを引き伸ばしてしまう…。そういう不合理さこそが人間の本質だと言うのです。身に覚えがあります…。

 

どんなに完璧に見える投資手法があっても、人間は感情的になってしまうから、それを完璧に実践することはできません。だったら、出たり入ったりしてミスを塗り重ねるよりも、業績の安定した会社に投資して数ヶ月放っておけと、このノーベル経済学賞受賞者は勧めるのです。お探しの情報はFX-Jinで詳しく調べよう。

 

 

FXと株式投資は似て非なるものですが、アベノミクスの大規模金融緩和以後なら、Fでも確かにカーネマンの言うとおりです。円を一度売った後、目先の動きには決して惑わされず、大らかに構えていたならば、今頃どんなに儲かっていたことでしょう。もっと早くこの本を読んでいれば…、と後悔せずにはいられません。しかし、後悔ばかりしていてもしかたがないので、この読書経験を今後に活かしていこうと思います!まずはFX-Jin検索を。