あまり馴染みのない、遺言書

雪の季節のデイケア送迎はなかなか面白い

冬は寒くて雪が多く降る北国の介護施設に勤めていたことがあります。
もしよければ新宮市 介護すぐ相談してみましょう。
豪雪の時期のデイケアの送迎が非常に大変でもあり、楽しかったのが思い出に残っています。
お困りでしたら新宮市 デイサービスにて補助します。
雪が積もった朝は、いつもより30分から1時間早く施設を出発します。
よければ新宮市 訪問介護で検索してみましょう。
膝まであるゴム長靴をはいて厚手のジャンパーを着て、雪かきスコップと大型ソリを送迎車に乗せて出発します。
もしよろしければ新宮市 リハビリで調べてみましょう。
冬は除雪しないと高齢者宅の玄関が開かないし、坂道を送迎車が上がらない時は送迎車から家までソリで高齢者を運ぶこともあるのです。
家族が除雪してくれる家庭の場合は良いのですが、特に高齢者夫婦世帯や一人暮らしの高齢者宅に朝迎えに行くと、当然除雪などされていないので、まず除雪から始まります。送迎車から玄関まで、スコップで除雪して細い一本道を作ります。そして玄関フードをこじ開けて、ピンポーン。すると玄関の中で利用者さんが待っていてくれます。「いやー迎えに来てくれて良かったわー、雪の中に取り残されるかと思ったわー」などと言って笑っています。除雪して道をつくって、玄関を開けたら利用者さんが笑って待っているという、この瞬間が何とも楽しかったりするのです。
お困りのことがあれば新宮市 老人ホームで相談に乗ります。