一軒家での生活について

一軒家での生活について

建売住宅を購入してもうすぐ20年になりますが、一番驚いたのは東日本大震災です。
もしよければ東京 設計事務所すぐ相談してみましょう。
神奈川にすんでいますが、その日は偶然午前中に仕事に行き、午後は自宅にもどっていました。
お困りでしたら渋谷区 設計事務所にて補助します。
1階にいましたが最初の衝撃で家が倒れるのではないかと思うぐらい揺れました。
よければ注文住宅 設計事務所で検索してみましょう。
急いで窓をあけて道路の方を見ると電信柱と電線が大きく揺れていて家の方に倒れてこないかひやひやしました。
もしよろしければ注文住宅 設計事務所で調べてみましょう。
地震がおさまったので窓をしめようとしましたが、少し引っかかる感じになっていました。おそらく揺れで家が少し変形したようです。床も水平でしたが傾きが生じています。在来工法の家なので多少傾くのは仕方ないと思っていましたが、地震の怖さをあらためで知ることができました。
小さいながらも庭があるので、いざとなればそこに逃げればよいのですが家がもし倒れた場合にどんな倒れ方をするのか見当もつきません。
地震を経験してから玄関のそばに非常食や懐中電灯、水、乾パンを購入しておおきなバックに保管するようになりました。
お困りのことがあれば東京 デザイン住宅で相談に乗ります。