あまり馴染みのない、遺言書

役員報酬を考えてくれる税理士

税理士を選ぶような場合には、役員の報酬についての設定を行ってくれるような税理士を選ぶようにしましょう。参考までに大田区の税理士にご相談ください。

 

会社を設立した場合には、税金の点から言えば、初めに考慮する必要があるのが役員の報酬である社長の給料です。不明な点がありましたら税理士の事業承継はこちらです。

 

個人として支払う所得税は、役員報酬をあまり高くすると高くなるし、会社として多く利益が出過ぎた場合にも法人税が多額にかかってしまいます。問題が発生しましたら大田区の記帳代行をご覧下さい。

 

例えば、利益が年間に2,400万円出たような場合、支払う税金は役員の報酬の設定の方法によっては、最低の場合は110万円、最高の場合は390万円になります。わからないことがあしましたら税理士の相続へご利用下さい。

 

つまり、支払う税金は、役員の報酬の設定の方法によって280万円も違ってくるということになるのです。
何かありましたら税理士の開業へご一報を下さい。
いい税理士というのは、期の初めになった場合に、その期の利益の計画を一緒にチェックしながら、法人の利益をどのくらいにして、役員の報酬をどのくらいとするのが税額が一番少なくなるのかということについて、最も適した配分の方法を見つけてくれます。