あまり馴染みのない、遺言書

承継者の朝晩のお参りが永代供養の本義です

詳しくは、千葉 霊園ならこちらをクリック
お墓を持つ家があれば持っていない家もあります。地方で先祖代々そこに住んでいれば先祖から伝わる墓があることが多いです
が地方から都会へ出て生活を営む人はお墓を持っていないケースが多くあります。
気になったら千葉 永代供養探してみては?
人はお墓があればそこに納骨されますし、お墓が無ければ納骨堂などの施設に入ることになります。
本人が生存している間はその本人が供養をしますから問題はありません。
不安な方は、永代供養 千葉←クリック
本人が亡くなった後は承継者がいなければ供養する人はいなくなります。
墓地公園などの区画を購入した場合はその区画の所有権を購入するのではなく利用権を購入したのです。
お探しの際は、千葉 樹木葬ならココ。
所有権はその運営団体から動きません。承継者がいなければ利用権は消滅します。
承継者がいないと供養する人がいなくなりますからその墓苑の運営団体に永代供養を依頼することになります。
永代供養料を納めれば供養してもらえるのです。
少し贅沢な洗心ネットならこちらから。
但し、永遠にその形で供養が続くのではなく、一定の期間が過ぎれば骨は合葬されます。他の人と一緒に供養がされます。
骨は長い間には土に還ります。

本来であれば永代供養は寺院や墓苑などでなく承継者本人がお参りをするのが一番良いのです。