あまり馴染みのない、遺言書

都心の保育園は保育士が頑張っていること

保育園というと、広い園庭を幼児が生き生きと遊びまわったり、近くの公園を散歩をしている姿をイメージします。
しかし都心の保育園は環境が全く違い、近くに公園どころか園庭すらないところも多いのです。
保育園としてのビルはありますが、その建物だけで僅かなバルコニーが園庭となります。
しかし都心にある保育園というのは貴重で、オフィス街で働くお母さん達にとってはなくてはならない存在なのです。
都心の保育園ではプール遊びをする際には駐車場を利用します。
ビルの陰で日当たりが良いとはとても言えないのですが、車の陰で子供たちはそれなりに楽しそうに遊んでいます。
保育士さんの苦労は言わずと知れたところです。
少しでも子供を遊ばそうとして、多少危険が伴いそうな場所でも手をつないで散歩に連れていったりします。
子供のストレスをなくしてご飯を食べさせ、お昼寝をする様に仕向けるのはさぞかし大変なことでしょう。
都心の保育園に勤める保育士さんはこれからも頑張って是非働くママをサポートして欲しいところです。
もしよければ福井市 認定こども園すぐ相談してみましょう。