あまり馴染みのない、遺言書

インプラント治療について

インプラントは日本語で埋植とか、かん植と呼ばれて、金属やセラミック、ハイドロキシアパタイトなどの材料からなる人工のものを使って、失われた歯の代用をさせる治療法です。最近のインプラント材料はチタンが主流で数多くの種類の商品が販売されています。友人から教えてもらったこのサイト仙台 インプラントこちらをクリック
インプラントには、歯の中に埋め込ませる骨内インプラントや骨の上にのせる、骨膜下インプラント、動揺の激しい歯を固定する歯内骨内インプラントなどの方法があります。
現在は骨内インプラントが中心になっています。
骨内インプラントは顎の骨に穴をあけて、人工の歯根を埋めこませるので、整形外科の人工関節などと同じと考えられています。
人工関節は身体の中に埋め込まれて使用するのですが、歯の場合は口の中なので人工物が飛び出しているので、口のなかの皮膚が常に欠損状態というリスクがあります。
ただし、口の中は唾液により常に潤い、洗浄されているのである程度、異物を容認できる能力を持っているのです。